flowerheartfullunch.com > > ノボロギク(野襤褸菊)

ノボロギク(野襤褸菊)

 50音 |  
               
なまえの由来:ノボロギク(野襤褸菊)
ボロギク(襤褸菊)はサワギク(沢菊)の異名。
ボロギク(襤褸菊)の名前の由来は、集まって咲いている花の姿がボロ布を連想させること・花が終わった綿毛の冠毛がボロボロでボロ布に似ているから。
ノボロギク(野襤褸菊)⇔ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)

野襤褸菊(ノボロギク)

撮影日:2005.12.2

野襤褸菊(ノボロギク)

撮影日:2005.12.2
名前の由来の姿?

同じ科の植物
アキノキリンソウ(秋の麒麟草) アキノキリンソウ(秋の麒麟草)
キク科。茎の先で黄色の小さな花がかたまって咲いています。 • 続きを読む »
キララ キララ
キク科。なまえもかわいい。 • 続きを読む »
ディモルフォセカ ディモルフォセカ
キク科。別名:アフリカキンセンカ(アフリカ金盞花)。 • 続きを読む »